必要な資格

タクシー後部

求人誌や求人情報に掲載されている仕事の中には、様々な資格が必要となるものも多くあります。
例えば、ガソリンスタンドの経営などに必要な危険物取扱者があります。ガソリンなどの使用に厳重な注意が必要な物を扱うためには、資格取得による知識や技術の証明が必要なのです。
求人情報が多く掲載されているタクシードライバーにも、働くために必要な資格があります。
それは、第二種運転免許という資格です。

第二種運転免許は、バスやタクシーなどの人の命を預かる運転業務を行なうために必要な資格です。
自動車を運転するために一般的に必要される第一種運転免許では、自分のために運転はできても旅客商売として運転をすることは出来ません。
タクシードライバーになるために必須である第二種運転免許を取得するには、いくつかの条件があります。
まず、21才以上でなければいけません。20才以下の場合取得することが出来ないのです。
そしてもう一つが、普通第一種免許を取得して3年以上持ち続けていることです。ある程度運転技術を身に付けてからでないと、免許を取得することが出来ないのです。
これら2つの条件をクリアしていることが大前提となります。
また、普通第二種免許には幾つかの種類があります。
大型第二種免許、から普通第二種免許までの4つと、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許の6種類があります。
通常のサイズのタクシーを運転する際には普通第二種免許が必要となるのですが、求人をだしているタクシー会社の多くは、普通第二種免許の取得資金などをサポートしてくれるので、安心して面接を受けることが出来ます。